空き家問題解決所

空き家活用

空き家問題について

  • 経済的な理由で管理が難しい
  • 遠く離れた実家を相続したが、しばらく帰れそうにない
  • 古い家で買い手がつかない
  • 接道が悪い・再建築不可などでどこの不動産屋さんにも断られる
  • 不動産屋に相談したが、高額なリフォームや解体し土地としての販売をすすめられた
  • 高額なお金は使いたくない
  • 思い出の詰まった家なので、できれば売却したくない
  • 長年放置している建物がある
  • 税金や管理にお金だけがかかっている
  • 将来売却も視野に入れているけど、どうやって状態を保てばいいのかわからない
  • 母親が一人で住んでいたが、施設に入り今はだれも住んでいない

現在、全国的に「空き家」が問題になっています。家は、人が住まずに放っておくと、建物が劣化して最悪倒壊する恐れがあります。しかし、「転勤で家を空けるが、貸してしまうと戻れないので空き家にしたい」「実家を相続したけれど、すでに自分の家を持っている」「親が入院している(老人ホームに入居している)ので、今は誰も住んでいない」などの理由から、空き家になっている家は少なくありません。空き家が遠方だったり、仕事をしていたりすると、どうしても定期的かつこまめに管理をするのは難しいものです。

空き家に関するお悩みがございましたら、アキモンにおまかせください。

空き家を
放置していると

  • 老朽化による倒壊の恐れ
  • 放火などによる火災被害
  • 粗大ゴミ・家電などの不法投棄場所になる恐れ
  • 不審者の居座り
  • 景観悪化による、周囲住宅への迷惑行為

など、後々大問題になってしまう可能性もあります。「どうしたらいいですか?」という相談からで構いません。お気軽にお問い合わせください。

特定空き家について

特定空き家とは、「適正管理が行われないことにより、近隣の方々の迷惑になる問題が生じた空き家」のことです。

  • 倒壊などの危険がある状態
  • 衛生環境が悪い(悪臭・害虫など)
  • 近隣住民の生活環境を妨げている
  • 景観を著しく損なっている

など、自治体の調査によりこれらの基準を満たすと判断された場合、特定空き家として認定されます。

特定空き家と認定されると
どうなるの?

  • 特定空き家と認定された翌年度の固定資産税が最大6倍になる
  • 改善命令に従わない場合は、50万円以下の過料または解体費用の全額請求される

特定空き家に
しないためには…?

空き家を特定空き家に認定されないようにするためには、「住む人を探す」「活用する」「解体する」「売却する」などがあります。

そこで、「建物を解体して更地を売却しよう」とお考えの方が多くいらっしゃいますが、ここには大きな落とし穴が…!

この場合、解体費用が掛かるだけでなく、更地にすることで固定資産税がなんと6倍に増額します。

空き家にお困りの方はぜひ、更地にされる前にアキモンにご相談ください。

空き家をリフォームし新たなご入居者を

「改修費用がない」「入居者募集や管理が面倒」などの理由から、建物を放置していませんか?空き家を修繕・リフォームしてきれいにすることで、新たな購入者や借手を見つけることができます。

「アキモンの空き家活用サービスなら、修繕・リフォーム費用はすべてアキモン負担!所有者様に金銭的なご負担は一切かかりませんのでご安心ください。

空き家活用のメリット

税金対策

不動産はただ保有しているだけで、固定資産税や都市計画税などの一定の維持費(税金)がかかります。空き家活用(賃貸)することで、家賃収入を得ることができますので、この負担を減らすことが可能です。

管理負担がなくなる

不動産を所有している場合、自分で使う場合でも、あるいは空き家の場合でも、管理や経年劣化に伴った定期的なメンテナンスが必要になります。アキモンの空き家活用のサポートなら、家の貸し出し後は入居者が草抜き、掃除などの管理を行ない、経年劣化による修繕などはアキモンが行ないますので、所有者様のご負担がなくなります。

資産価値が保たれる

家は人が使用していないと、どんどん劣化が進みます。空き家活用(賃貸)することで、初期のリフォーム工事はもちろん、その後も入居者による換気清掃などが行われますので、建物の劣化を防止します。また、災害などによって家に異常が起こってもすぐに発見対処するため、大きな被害を食い止めることができます。

地域への貢献

使用していない物件を貸し出すことは、地域にお住まいの方々にも大きなメリットが生まれます。必要としている方へ開放することで、店舗やサロンが開業されるなど、地域の活性化につながることもあります。

サービスの流れ

01. お問い合わせ
[ここまで約2~3日]

02. ヒアリング
[ここまで約1週間]

03. オーナー様立会いの下、現地調査・周辺調査

04. ご提案~ご契約